--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
2010.08.05

1stGKが読めない

2010年8月1日(日)16:20Kickoff
エミレーツカップ② HOMEセルティック戦@エミレーツ
Win!!!
エミレーツカップ優勝!!!
主審:アンドレ・マリナー

【スコア】
3-2

【得点】
・アーセナル
3分ベラ(ウォルコット)、45分サニャ(ロシツキ)、51分ナスリ(ウォルコット)

・セルティック
72分マーフィー、83分キソンヨン

【スタメン】
GK:アルムニアc
DF:サニャ、ジュル、フェルマーレン、クリシ
MF:ロシツキ、フリンポン、ウィルシャー
FW:ウォルコット、JET、ベラ

【交代】
46分ロシツキ⇒ナスリ
46分JET⇒シャマフ
62分サニャ⇒エブエ
62分クリシ⇒ギブス
62分ベラ⇒アルシャビン
73分フェルマーレン⇒コシールニー

【ベンチ】
マノーネ
ホイト
ノルトベイト
ランドール
イェナリス

【得点シーン】

・1点目:ウィルシャーからペナルティエリアサイドのウォルコットへ⇒ウォルコットはシュート気味のゴロクロス⇒ベラが押し込む
・2点目:CKの流れからロシツキがサニャに落とす⇒サニャの珍しい左ミドル
・3点目:シャマフからナスリへ落とし⇒ナスリはウォルコットへ⇒ウォルコットがペナルティエリア内まで侵入し横のナスリへ⇒ナスリのシュート

【失点シーン】
・1点目:ミドルシュートが2,3度跳ね返りマーフィーにこぼれる⇒マーフィーはダイレクトで押し込む
・2点目:左サイドの裏を取られ中にクロス⇒キソンヨンが簡単に押し込む

【レビュー】
 開始から10分程はすばらしい内容だった。両サイドから攻め込むことが出来ていたし、スピードのある攻撃が何度もできていた。何より一回攻撃が終わったあと相手のクリアや縦パスを悉く奪って波状攻撃を続けたのがよかった。んでその良い流れの中でしっかりと先制することに成功。得点の流れも素晴らしく、特にウィルシャーのバイタルエリアでの仕事ぶりは頼もしかった。
 その後セルティックも全くポゼッションできない状況から持ち直し、何度か攻め込んだけど、前半は終始アーセナルペース。GKのザウシュカが当たってなかったらもう1、2点取れてもおかしくなかった。
 攻撃で気になったのはロシツキのプレー。狙いはシビアで縦に急ぎ過ぎの時もあるけど、それは同時に常に相手にとって嫌な所を攻めてるということ。アーセナルの攻撃を引っ張ってたと思う。ウィルシャーも十分ゲームを作れてるけど、無理矢理なところがたまーに見受けられる。
 試合を支配出来た要因としてフェルマーレンの奪取能力も大きい。奪い方がキレイだし、そのあとのつなぎもすばらしい。スムーズな攻撃への切り替えが可能となっていた。しかも攻撃参加した時の期待度もハンパじゃなく大きい。
終了間際に2点目を取れたしチームに余裕ができたと思う。サニャの左ミドルとか次は何年後にみれることやらw

 後半も70分付近まではアーセナルのペースだったと思う。特にウォルコットの右サイドからチャンスを作っていた。ナスリがウォルコットのアシストから1点とったけど、本来ならもっと点差をつけてもおかしくなかった。ウォルコットはクロスの精度が低すぎる。中とドンピシャであったのをほとんどみた記憶がない。中との距離が近い中でもミスするのは痛い。頼むから精度上げて欲しい。
 セルティックにサマラス、フォーチュンが入って、アーセナルはフェルマーレンが抜けたあたりからセルティックの反撃をうけてしまった。ミラン戦に続き後半の終わり近くになっての盛り返される流れ。この試合はミラン戦と違って3点差をつけていたから、同点まで持ってかれることはなかったけど、無失点で抑えたい試合だったし、気が抜けた感じがした。シーズンでこういう試合から逆転されたら勿体ない。
 
【個人評】
・サニャ
左ミドルなんてホントに珍しい。シーズン中も一回くらい見せてくれ!

・クリシ
昨シーズン中盤のような不調ではない模様。守備の時に体が動いてる。ギブス、トラオレと下の突き上げもあるので良い緊張感もってできてるのかも。

・ジュル
微妙。そこまで酷いわけでもないけど、少なくともギャラスのレベルにはない。ポジショニングやフェルマーレンとの連携にちょっと問題を感じた。エミレーツカップ見る限りではコシールニーのが印象がいい。

・フェルマーレン
守備もすばらしいし攻撃もすばらしい。怪我だけは気をつけて欲しい。今チームで怪我したら一番ヤバイ選手かもしれん。

・フリンポン
フィジカルを活かした対人守備や競り合いは十分戦力として計算できる。ただ、ポジショニングや危険なところを予測する能力には改善の余地がある。単純なパスミスも数回あって、気になった。

・ウィルシャー
プレシーズン通してアーセナルで一番輝いていたと言ってもいいくらいすばらしい。コーナーからのボレーは思わず声が出た。中盤からチャンスになるようなドリブルができるし、ラストパスのセンスもいい。ペナルティエリアへの走り込みもできる。1stチームでたくさん経験を積んで欲しい。
PKとられたのは謎だったけど、単純にクリアしてもよかったかも。

・ロシツキ
うまい。調子もいいね。シーズン中は試合をきめるような仕事も期待したい。

・ウォルコット
クロス練!

・ナスリ
ナスリもプレシーズン目立ってる。色んな所に顔を出すしボールを触る回数も多いから、攻撃を作ってる感じがある。やっぱ中心に置いてこそ輝く選手かもしれない。

【感想】
最後はヒヤリとしましたが全体的には良い内容だったと思います。シャマフはかなりいい補強になりましたね。ベントナーの地位は危ういかもしれないです。それだけ層が厚くなったってことですが。
PL初戦のリバプールはプレシーズンで結果が出てないようです。アウェイですが、叩けるかもしれません。アルシャビンもいますし。優勝するには序盤のスタートダッシュが重要になると思うので是非とも勝ち点3をとって欲しいです。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2010.08.03

このパターンの引き分けはよくない。

2010年7月31日(土)16:20Kickoff
エミレーツカップ①  HOME ミラン戦@エミレーツ
Draw...
主審:クリス・フォイ

【スコア】
1-1

【得点】
・アーセナル
36分シャマフ(アルシャビン)

・ACミラン
77分パト

【スタメン】
GK:ファビアンスキ
DF:エブエ、コシールニー、フェルマーレンc、ギブス
MF:ナスリ、フリンポン、ウィルシャー
FW:ロシツキ、シャマフ、アルシャビン

【交代】
46分エブエ⇒サニャ
46分ギブス⇒クリシ
46分ロシツキ⇒ウォルコット
63分アルシャビン⇒ベラ
69分フリンポン⇒ジュル
73分シャマフ⇒ランドール

【ベンチ】
スチェスニー
ノルトベイト
JET

【得点シーン】
ドリブルで一人抜いたアルシャビンからシャマフへスルーパス⇒シャマフのシュート

【失点シーン】
FKからパトのヘッド

【レビュー】
前半は主に攻撃面でかなり満足できる内容で、2-0にくらいにはしておきたかった。前線の選手が流動的に動いて相手に守備の的を絞らせてなかったし、パス回しのテンポが速かった。SBのオーバーラップも両サイドともに回数・質がよかった。攻撃にはかなりのスピード感があって見てて面白かった。アッビアーティの再三の好セーブで1点しか入らなかったけど。
チームにおける守備で気になったのは、相手のSB、SH対アーセナルのSBという2対1の場面が簡単に作られてしまうところ。対策はWGまたはセンターハーフの一人の守備感覚に係ってくる。むやみに相手ボランチやCBにプレスに行くと、SBの前にスぺースが大きく空いてしまうからここは改善したい。大きな問題ではないけど、強いチームとやった時には綻びになるかも。

個人的にシャマフを中心に見てたんだけど、この選手は動きだしがいいね。そして動きだしだけでなくその後のボールを扱うテクニックを持ってる。だから起点になる回数が多い。ただもう少し自分で仕掛ける回数が多くてもいいと思う。

後半も半分くらいまではアーセナルが優勢に試合を進めていたと思う。ジュルーの底、ウォルコットのCFを試したりし始めたあたりから終了にかけたはミランに反撃を受け、FKから同点にされたけど。やっぱり優勢に試合を進めているうちに点差を広げておかないと、こういうことになってしまう。
もしこれが本番のシーズンだったらかなりもったいないドローだし、優勝をするためには、こういう勝ち試合で「勝ち点1止まり」というのは避けないといけない。試合を決めきる力が欲しい。具体的には決定的チャンスで決めきること。またはフィニッシュ前のパスを正確にすること。この試合でいえば目立ったのはウォルコットのクロス精度。というかクロス精度と言うより、もはや最後の横パス精度の問題。せっかく上手く抜け出して、しかも中の人数が揃ってるのにクロスが残念すぎる。それも1回や2回じゃない。頑張ってほしい。

全体的に選手の体はキレていて、序盤戦は期待が持てると思う。特にナスリは体がよく動いているしドリブルもいい。ロシツキ、ギブス、フェルマーレンあたりもなかなかキレてる。

【個人評】
・ファビアンスキ
目立ったミスはなかった。ペナルティエリアを飛び出しての良いプレーもあった。大きな試合でも落ち着いてプレーできるかどうか。GKのスタメン争いが熾烈。

・エブエ
相変わらず低い位置での怖いパスやドリブルがあるけど、成功してるうちはナイスプレーと言えるかもしれない。テクニックあるからポゼッションにも貢献できるし。

・コシールニー
いいね~。かなりいい。足元も水準レベルだし、パスの質も狙いもいい。守備もしっかりしてる。前へのディフェンスで相手CFと競り負けないし、空中戦も勝ってた。フェルの相方争いは、ちょっと隙の多いジュルより一歩リードかな。

・フェルマーレン

すばらしい。守備は相変わらず素晴らしい。がっつり奪いに行く時と腰を落として構える時の判断がレベル高し。相手との距離感の把握がいいんでしょう。奪った後のつなぐ意識も相当高い。

・ギブス
オーバーラップのタイミングがいい。あとは中との連携。アルシャビンともあってる見たい。クリシを脅かせるかも。

・フリンポン
迷わずにはっきりとプレスにいける時の対人守備はかなり堅い。フィジカルでボールを奪いきることが出来る。ただ危険なゾーンを感じるポジションニングはまだまだだし、相手のロングボールに対する2ndボールへの反応も甘い。経験積んでこのあたりを磨いてほしい。プレシーズンはアンカーの2番手と見ていいで出来。

・ナスリ
キレてる。特にドリブル。前線でのフリーランがいいし回数も多い、状況を見て使われる側になってる。低い位置での組み立てをウィルシャーが頑張ってくれてるからナスリも前線で活きてると思う。

・ロシツキ
うまい。身体的な調子もよさそう。
ただ、調子の問題じゃないけど、縦に急ぎ過ぎてる時があると思う。確率が低いのに無理にロングスルーパスを狙おうとして奪われるシーンが連続することがある。そういう狙いも大事だけど、ポゼッションを高めてチームを落ち着かせること重要。

・アルシャビン
まだまだボールに触る回数が多いわけじゃないけど、アシストを決めるあたりはさすが。アルシャビンの関してはシーズンにゆっくりピークを持ってきても良いかも。

・シャマフ
よかった。ボールを引き出せてしかもしっかり落ち着かせられるから起点になれる。また、周りをしっかり見えてるからパスも上手い。あとはサイドからクロスを引きだすプレーをチームメイトに浸透させることと自分で仕掛けてもいい場面でチャレンジしてみることかな。

・ウォルコット
クロスの直前までは良いランニングやドリブルをしてるんだけど、大事なところで精度が低い。もうちょっとなんだけどなー。ウィルシャーとかクロス下手すぎてイラついてたしw中を見る時にもっと大きな視野が必要かも。ガンバレ。

・ベラ
一回良い突破あったし、左利きの左WGらしいプレーを見せた。アルシャビンは右利きの左WGだから良いバランスで争っていけるかも。今シーズン期待したい一人だなー。

【感想】

ほぼ全員良い感じでしたねー。見てて面白かったし時間経過が速かった。後半反撃されたのは不味いですけど・・・。
にしてもミランは選手の質も落ちたし、トップレベルのクラブではなくなってしまった感じしますね。数年前のミランはアーセナルの次に好きだったんですが・・・、残念です。


人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。