--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
2010.02.17

ファーガソン怖いな・・・。

2010年2月16日@サンシーロ
CL決勝トーナメント1回戦1stleg ミランVSマンチェスターユナイテッド

【スコア】
2-3

【得点】
・ミラン
ロナウジーニョ、セードルフ(ロナウジーニョ)

・ユナイテッド
スコールズ(フレッチャー)、ルーニー(ヴァレンシア)、ルーニー(フレッチャー)

【スタメン】
・ミラン
GK:ジーダ
DF:ボネーラ、ネスタ、チアゴシウバ、アントニーニ
MF:ベッカム、ピルロ、アンブロジーニ
FW:パト、フンテラール、ロナウジーニョ

・ユナイテッド
GK:ファンデルサール
DF:ラファエル、ファーディナンド、エバンス、エブラ
MF:スコールズ、フレッチャー、キャリック
FW:ナニ、ルーニー、パク

【交代】
・ミラン
アントニーニ→ファバッリ
ベッカム→セードルフ
フンテラール→インザーギ

・ユナイテッド
ナニ→ヴァレンシア
ラファエル→ブラウン

【ベンチ】
・ミラン
アッビアーティ
アバーテ
ガットゥーゾ
フラミニ

・ユナイテッド
クスチャク
ギャリーネビル
オーウェン
ベルバトフ
ギブソン

【得点シーン】
・ミラン
1点目:ベッカムのFK→エブラのクリアがロナジーニョの下へ→ロナウジーニョのダイレクトシュート
2点目:ロナウジーニョのトリッキーなパスからセードルフへ→セードルフのヒールシュート

・ユナイテッド
1点目:パクから裏を回ったフレッチャーへ→フレッチャーのクロス→スコールズの軸足シュート
2点目:ヴァレンシアの浮き球のクロスがファーサイドへ→ルーニーのヘディング
3点目:ロングボールをルーニーがフレッチャーに落とす→フレッチャーは十分余裕をもってルーニーにクロス→ルーニーのヘディング

【感想】
おもしろい試合でした。とりあえず、ミランはそんなに強くないと感じました。

【レビュー】
前半の序盤はミランがセットプレーから点を取ったこともあり攻勢に出てた。ユナイテッドが低い位置でパスを連発してたのもあるけど、ロナウジーニョがとにかくすごい。チャンスメイクはほぼロナウジーニョからで、持ったら何かしらが起きてた。
しかし地力ではユナイテッドのがやはり上。戦術的にも、選手のクオリティ的にも1枚か2枚くらいは上だった。
徐々にユナイテッドのペースなってた。パク、ルーニーが一回起点になれればシュートまで持ち込める攻撃が出来てた。前半で1-1になったのは流れとしては妥当だった。

後半は完全にユナイテッドペース。特に中盤から前のスタミナの差が如実。ミランは攻守に動きが止まっていて特に守備はひどかった。ルーニーにボールを入れさせすぎだし、ナニ、ヴァレンシアともに仕掛けさせすぎ。あれじゃ負ける。


個人的に感じたこの試合のポイント
■アントニーニ→ファバッリ
アントニーニ自身はそんなにレベルの高い選手とは思わなかったけど、ロナウジーニョとの連携とフォローが取れてたからロナウジーニョのやりやすさという意味でアントニーニが代わったのは痛かったか。ファバッリになってからロナウジーニョに入るパスがめっちゃ減った。
ファバッリは守備の面でもひどかった。簡単に対峙した選手にクロス上げさせすぎ。フィジカル的にビッグゲームのレベルに達してない。

■ルーニーとロナウジーニョの差
どちらもこのレベルの中で違いを作り出せるすばらしい選手。ただロナウジーニョは1試合もたないのに対し、ルーニーは1試合通して輝ける。その差は大きい。ミランはロナウジーニョありきの崩しをしてるから余計にそれが目立ったと思う。

■ミランの守り方
完全に7人で守って3人を前に残すという捨て身の守り方。ボール奪って前に遅れればチャンスだけど普通に人数足りなくて守りきれてない。セリエの中堅以下では通用するかもしれないが、ユナイテッドには確実に通用しない。

■運動量(特に中盤の選手)
前半はそんなに違いを感じなかった。後半になって運動量の違いがかなり顕著になった。これはもう完全に選手個人個人のスタミナの問題。若い選手が多くないミランはこの辺は弱点。ユナイテッドの選手のスタミナは世界でもトップレベル。



【個人評】
気になった選手を
・チアゴシウバ
かなりいい選手だと思った。前からいいかもと思ってたけど、この試合で確信した。足元上手いし、足の速さも含め、身体能力も申し分ない。高さもある。フェルマーレンと組ましてみたいとか思った。

・ロナウジーニョ
ボールを持てば何かしらできるし存在感はある。バルサの頃が戻ってきてる。しかし今のミランは、あの頃のバルサより選手のクオリティが低いので、ロナウジーニョを最大限には活かていない。組織を一瞬で崩す個人の力を持ってる。

・セードルフ
なぜスタメンじゃないのか。ベッカムは献身的だし、FKは脅威となってたけど、それ以外の面はセードルフが上回ってると思う。ロナウジーニョと連携取りながら攻撃できるし。


・ルーニー
やっぱいい選手。当たり前のようにシュートまで持ってく。何が危険なプレーとかわかってる。WCのイングランドの出来次第ではバロンドールにもなりえると思う。

・ファンデルサール
キック、セービング、パンチング、キャッチングとどれをとってもすばらしい。なぜフルアム時代に目をつけてなかったのか;;


















ここはユナイテッドが勝ち抜けでしょうね。強いですし、選手たちは1点取られても慌てた感じがなかったです。
一方、アーセナルは怪我人続出。
引き分けか、点を取っての1点差負けならいいでしょう。

希望スタメンは
GK:ファビアンスキ
DF:サニャ、キャンベル、フェル、クリシ
MF:セスク、ディアビ、ナスリ
FW:エブエ、ベントナー、ロシツキ

です。ベンゲルはやらなそうではありますが。
いい試合がみたいです!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。