--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
2009.11.30

またドログバか。

2009年11月29日
PL第14節 HOME チェルシー戦
負け 勝ち点+0
8勝1分4敗 勝ち点25

【スコア】
0-3

【得点者】
41分ドログバ(アシュリーコール)、45分オウンゴール(フェルマーレン)、86分ドログバ

【スタメン】
・アーセナル
アルムニア
サニャ
ギャラス
フェルマーレン
トラオレ(黄)
ソング
デニウソン
セスク
ナスリ
エドゥアルド
アルシャビン

・チェルシー
チェフ
イバノビッチ
カルバーリョ
テリー
アシュリーコール
ミケル(黄)
エッシェン
ランパード
ジョーコール
アネルカ
ドログバ(黄)

【交代】
・アーセナル
ソング→ウォルコット(46分)
エドゥアルド→ベラ(57分)
ナスリ→ロシツキ(66分)

・チェルシー
ジョーコール→デコ(67分)
アシュリーコール→フェレイラ(72分)
ドログバ→マルダ(87分)

【ベンチ】
ファビアンスキ
シルベストル
エブエ
ラムジー

【失点シーン】
・1点目:テリーがあがってきてアシュリーコールにスルーパス→アシュリーコールは抜き切る前にクロス→ドログバが合わせる
・2点目:アネルカがアシュリーコールのマーカーを含め2人引き付けてアシュリーコールへパス→アシュリーコールは1点目と同じようなクロス→フェルマーレンのオウンゴール
・3点目:ドログバのフリーキック

【感想】
まず
悔しい。ホントに悔しい。くやしいいいいいいいいいい


負けた要因は様々あるけど、一言で言えばエースの差でしょう。

試合全体通して、内容はアーセナルが攻め、チェルシーが守る、という構図。アーセナルはチェルシー相手でもパスが回ってたけど、肝心のエドゥアルドにボールが入った時に積極性も意外性もなく攻撃が終わってしまう部分が目立った。エドゥアルドの所までは上手く回ってたけど・・・ファンペルシならと思ってしまう場面が何度あったか・・・
チェルシーレベルのDFになるとCFはかなりスムーズなプレー(自分のアイデア通りのトラップ、ドリブルでの持ち出し等)が求められるがエドゥアルドは一手二手遅れてしまっていた。前半はそこに尽きる。そこまでは今シーズンの戦い通りのプレーできてた。支配できてた。DFも出足よかったからボール拾いまくってたし。
けど失点してしまう。ドログバはホントにワンチャンス決めてくる。
1点目はドログバの決定力にやられた形で、2点目は1点目の直後に決められたというのも含め運がない。2点目やったのは痛かった。


後半は采配ミスで自滅と言っていいと個人的には思う。やりようによっては同点にはできたのでは?
 まず、ソングを代えた意味がわからない。前半ソングは相当効いてた。ウォルコット入れるのはいいとしてデニウソンの方を代えるべきだったと思う。また後の方でも書くけど、デニウソンは後半フィルターとして仕事できてなかった。
 次にナスリを代えた意味がわからない。攻撃陣で一番運動量あったのはナスリだった。ナスリがボールに絡む回数多かったしボールロストすくなかったでしょ。
あとロシツキ入れるの遅すぎるし、ベラ入れるなら左じゃなく真ん中で使うべき。


個人的には
           


            ベラ     

シャビン                 ナスリ          
      
      ロシツキ      セスク
            
            ソング
トラオレ                  エブエ
      
       フェル      ギャラス


の形に持ってて欲しかった。これならいけたんじゃなかろうか。まあウォルコットが活躍しないってのは結果論になっちゃうんだけど。
エブエにガンガンオーバーラップさせてエグってもらう、ロシツキにつなぎを任せてセスクをゴールの近くでプレーさせる って感じでいったらよかったのでは。

この試合空中戦は勝てる気がしなかったからドリブルとオーバーラップで相手のゴールライン付近までエグる攻撃が必要だったと思う。



・チェルシーを褒めるべき点
クロスに対する空中戦の強さ、シュートに対するブロックに行く速さと上手さ。球際の強さ。何より守備の集中力。あと、ドログバが所属している。
これらの点はアーセナルを非常に苦しめたし、首位たる由縁かと。





個人について
・エドゥアルド
3トップの真ん中はかわいそうかもしれない。ファンペルシだからできてたアーセナルのCFだったと思う。エドゥアルドはDFを背負いながらボールが入った時に展開を広げることができない。特にスペースがなくなるペナ付近では違いが作り出せなくなる。そこがアーセナルがシュートまで行けなった最大の要因だった。ボールが来てからプレーを考えてる印象。
「トラップでかい・・・」とか「ここで気の利いたプレーをできたら、シュートやチャンスに行けたのに・・・」とか というシーンが多かった。

・ウォルコット
調子悪すぎ。というか、もはや調子悪いじゃ済まないレベル。ランパードに狙われてたね。
ボールが足についてないし。ついてないのに自分でやろうとしすぎて判断遅い。取られ方悪いし。しかもそのあと守備もしない。あと致命的なのがサイドバック使うのが下手なこと。
ボールタッチとかはいきなりは直んないから、まず運動量を増やすこととボールを預けて飛び出すことを継続してやった方がいいと思う。
ペルシ居ない今奮起を期待。

・アルシャビン
後半最初のゴールネット揺らしたのが取り消されてなければ・・・
サイドでボール受けてスペースあったらゴールラインをえぐるようにドリブルをもっとしかけてよかったと思う。ボールを失った後とか、味方とパスの意図が合わなかった時とかにすぐあきらめて止まるのやめてくれ。

・デニウソン
前半はよかったと思う。というか適正ポジでプレーしてたから。デニウソンはアンカーむかない。ポジショニングはアンカーできるもの持ってるけど、1対1でフィルターになり得ない。1対1でせめて体当ててファールでも攻撃止めるくらい粘れないと厳しい。なにもできず抜かれるシーンが目についた。これは昨シーズンから変わってない。これできないとアンカーは無理。
こうなるとANC期間が不安・・・

・ロシツキ
よかった。スタメンだったらなあ と思う。守備陣からパスを受けて前線につなぐのがメチャ上手い。ゴール前でボール受けた時も相手をひきつけて出すのがすごく効果的だった。ボールの受け手に時間を作ってあげることができてる。
ロシツキはやはりウィングじゃなくてセンターハーフで使った方がいい。

・フェルマーレン
軒並みすばらしいでき。フェルマーレンは本物です。
オウンゴールはしょうがないけど、左サイドからのクロスだったらクリアできたかも。ただ1失点目はラインそろえてたらオフサイド取れたのでは(見直したら普通にどっちにしろオンサイドでした)

・アルムニア
フリーキックは止めて欲しかった。壁ない方蹴られて決められたら基本GKの責任。一歩逆に動いちゃってたし。スローイングのミスなかったのはよかった。

・ベラ
クロスを入れても意味のないこの試合ではサイドに入れても効果なしだった。ベンゲルが狙ったのはえぐってグラウンダーの早いクロスだったかもしれないけど。それができないなら真ん中に入れてシュート狙わせてた方が可能性あっただろうね。
ボール取られたら途中出場だし若手なんだから必死に追えと。



















ファンペルシいなくなってPLで2連敗。しかも無得点。
現状のエドゥアルド、ベラのできを見る限りベントナーに期待するしかないか。
ベントナーも期待外れに終わったら今シーズンは厳しい。
つなぎはチェルシーにも通用したんだから、あとはCFに誰がはまるか。ベントナー次第では補強も考えるべき。

とにかく気落ちせずあきらめずに食らいつくしかない!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。