--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
2010.02.21

エバートンはマジでGJ!!!

2010年2月20日15:00Kickoff
PL第27節 HOMEサンダーランド戦@エミレーツ
Win!!!
17勝4分6敗 勝ち点55 確定3位
主審:スティーブ・ベネット

【スコア】
2-0

【得点】
27分ベントナー(エブエ)、90分セスク(p.k)

【スタメン】
GK:アルムニア
DF:エブエ、フェルマーレン、シルベストル、クリシ
MF:セスク(黄)、ソング、ラムジー
FW:ウォルコット、ベントナー、ナスリ

【交代】
72分ナスリ→ロシツキ
78分ウォルコット→サニャ
89分エブエ→デニウソン

【ベンチ】
ファビアンスキ
キャンベル
トラオレ
ベラ

【得点シーン】
・1点目:右サイドでボールを受けたエブエがドリブルを仕掛ける→エブエはペナ内に侵入しクロス→ファーにいたベントナーが押し込む
・2点目:セスクのPK

【感想】
アーセナルは怪我人が多くベストから程遠い1.5軍とも言えるメンバーでしたが、サンダーランドの出来の悪さに助けられました。
1週間空きますし、ひとまず勝利できたので一呼吸おける感じですね。

【レビュー】
前半開始から完全にアーセナルのペース。
サンダーランドはラインが低く、プレスの開始位置が低い。プレスに来たとしても、そのプレス自体が甘かったのでアーセナルの選手たちは楽にプレーできてた。ギャップでボールを簡単に受けてたし、基本的に前を向いてプレーすることが出来てたので崩しのところまで簡単に行けてた。しかもサンダーランドは個人の守備力も低かった(特に両SB)ので、割とやりたい放題な感はあった。

ただ、最後の崩しの所やフィニッシュは選手のクオリティが重要になってくる。この試合に出た選手はそのクオリティが余り高くなかった(ベントナー、ウォルコット、ナスリ)。だからフィニッシュの段階やその一歩前のパスで防がれていた。
例えばファンぺルシ、アルシャビン、ロシツキが出てれば大量得点も可能だったと思う。

崩しでいい働きをしていたのはエブエ。ドリブルが非常に効いていた。クロスの精度にまだ問題あるけど、点を取った時みたいにあそこまで侵入できればクロスの巧拙は関係ない。
セスクも崩しの局面で惜しい場面を何度か作ったけど、調子いい時ならもっとできてると思う。もっと相手の急所突くような創造的なプレーや決定機に絡む動きが調子いい時ならできてるはず。今もそこまで悪いわけじゃないんだけど・・・。周りとの連携がそこまで噛み合ってない感じがある。ここは改善して欲しい所。ホントはレギュラーじゃない選手が出てもいいプレーができるようになれれば理想的。

後半もアーセナルのボール支配。前半と同じような展開だけど、なかなか点を奪えない。やっぱり最後のところのアイデアやプレーの精度に問題がある。これはもう個人の問題だからどうしようもない。サンダーランドも最後のところで粘り強く守ってたってのもあるけど。

後半途中でサンダーランドが反撃できたのはジョーンズにロングボールが収まった時。ジョーンズの周りに選手が走り込むというのは戦術としてやってるという印象を受けた。ただこの試合はフェルマーレン、シルベストルの両CBはジョーンズへのロングボールやフィードに対してよく守ってたと思う。


気になった点など
■追加点を奪う
こういう内容で圧倒してる試合は早めに点差をつけて余裕を持って試合を進めるべき。終盤のセットプレーが怖すぎるし相手もまだ試合に希望が持ててしまう。そうすると深いタックルとかもしてくる。

■SBのポジショニング
ちょっと外に開きすぎ。CBとの距離が空きすぎてる。簡単なプレーで危険な場を相手に作られるのはこの要因が大きいと思う。もしもの時にフォローに回りきれない。パス主体のサッカーだからSBが外に大きく開くのは当然なんだけど、ボールがどっちに流れるか状況を良く判断することが求められる。クリシとエブエは特にその判断が甘くて無意識に攻撃に比重が行ってしまうことが多い。

■ベントナーへのロングボール
フェルマーレンはフィードが上手いからベントナーにロングボールを当ててそこに起点を作る攻撃は面白いと思う。後ろからじっくりつなぐサッカーもいいけど、メリハリをつける意味で効果はあると思う。相手のDFラインが下がればパスがより有効になるし。
これをやるとしたらベントナーの周辺の選手が意識して動くことが必要。この試合はロシツキが一本見せてたね。ベントナーももっと呼び込んでいいと思う。ペルシ、エドゥにはできないことだし、ベントナーはこういう所で特徴を見せることも大事。チームとしても戦術の幅が広がるし。

■崩し方
サイドでボールを受けた選手が中に切れ込むボール運びをした時に、ボールを持っていない選手が斜めに走る動きがこの試合は何回か見られた。これはポルト戦ではあまり見られなかった崩し方で、この点は良かったと思う。
ただ、選手同士の連携がいまいちあってない感じがするので、一瞬を争う崩しの場面で相手に粘られてしまう。カウンターの時もいまいちスピードに乗りきらないし連携が良くない。パスを出す足が違ったり受け手の出足とちょっとずれてたり、とかちょっとした部分なんだけどギクシャクしてるシーンが気になる。
ここはアーセナルの根幹の部分なんで早く修正して欲しい。


【個人評】
・アルムニア
今日はよかった。というかボールがあんまりこなかった。
ファビアンスキよりはマシかな。

・エブエ
すばらしい。
こういう押し込む展開ならサニャよりいい。中盤で受けたらドリブルで運べるし、前線でもらえば仕掛けられる。現状ウィングとして見てもウォルコットより使える。
ラストパスの精度は相変わらずだけど、ドリブル突破を右サイドでできるのは今はエブエぐらいかも。

・シルベストル
やっぱ前に対しては強い。ジョーンズ相手に良く頑張ってた。
前半はドリブルで前に運ぶのも効果的だったし。サンダーランド相手だからできたといえなくもないけど。。。。
後ろに対して弱いのはもうしょうがない。本来は控えなんだし。つなぎはプレッシャーかかると精度が極端に落ちる。

・クリシ
つなぎが良くない。
縦パスを出す時に受け手のマークの状況を見れてない。あきらかに厳しくマークされてるのに縦パスを出すことが多々ある。ビルドアップにスムーズさが出てこない。酷い時は受け手と全く合わない時あるし。
あとスローイン下手。判断遅いし投げるボールも悪い。

・ソング
まあよかった。フィジカル活かしてボールを奪いきることができるのはデカイ。

・ラムジー
よかった。
フィジカルあるし、動きも機敏だし、ボール扱いも上手い。周りとの連携がもっとあえば大きな武器になりそう。
フィジカルは守備にも活きてる。
低い位置でミスをするのは改善が必要。まあ経験ですね。
デニウソンよりずっといい。

・セスク
いまいち。絶好調時から考えると相手に与える危険なプレーが少ない。キープできそうな所も奪われたりするし。
調子が上がるのを期待。

・ウォルコット
この試合くらいスペースと余裕があれば目立てる。
ただ視野が狭く、周りの動きの状況が上手く把握できてない。味方とあわなかったりするシーンが結構ある。

・ナスリ
ここ数試合では一番よかった。
中に入ってきてボールを結構触れてたのがよかった。
サイドで突破もできてたし、キープ力が光った。あとは得点に絡むような働きが欲しい。クロスは早いボールを入れることを心がけて欲しい。

・ベントナー
1点取れたのはよかったけど、もっと取れてもおかしくなかった。フィニッシュに直結するようなボールの受け方をすることが少ない。サイドに流れ過ぎてる。もう少し真ん中にいて欲しい。
相手のDFが嫌がるところをもっと突いていったらいいと思う。足の振りが大ぶりすぎるのは治らないか・・・・。










結果を出したのはよかったです。ただもうちょっと点取って欲しかったというのが正直なところです。
エバートンはGJ!こういう風に上二つが落とす可能性もまだまだあると思うので勝ち続けてもらいたいです。
怪我人の早めの復帰を願います。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。