FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
2009.12.14

トーレス怖い

2009年12月13日
PL第16節  AWAYリバプール戦@アンフィールド
勝利で勝ち点+3
10勝1分4敗 勝ち点31
主審:ハワードウェブ

【スコア】
1-2

【得点者】
・アーセナル
50分オウンゴール(ジョンソン)、57分アルシャビン

・リバプール
40分カイト

【スタメン】
・アーセナル
アルムニア
サニャ
ギャラス
フェルマーレン
トラオレ
ソング
デニウソン(黄)
セスク(黄)
ウォルコット
ナスリ
アルシャビン(黄)

・リバプール
レイナ
ジョンソン
キャラガー
アッガー
アウレリオ(黄)
マスチェラーノ(黄)
ルーカス(黄)
カイト
ベナユン
ジェラード
トーレス

【交代】
・アーセナル
ウォルコット→ディアビ(70分)
トラオレ→ウォルコット(87分)
アルシャビン→ラムジー(90分)

・リバプール
マスチェラーノ→アクイラーニ(65分)
ベナユン→エンゴク(79分)
ジョンソン→デゲン(82分)

【ベンチ】
・アーセナル
ファビアンスキ
ウィルシャー
エドゥアルド
ベラ

・リバプール
カバリエリ
インスーア
シュクルテル
ドッセーナ

【得点シーン】
・1点目:アルシャビンがポストプレーでセスクへ→セスクがナスリへスルーパス→ナスリはニアに低いクロス→ジョンソンのオウンゴール
・2点目:セスクがクロス気味にボールを入れる→DFに当たってアルシャビンの足元へ→体半分かわしてシュート

【失点シーン】
アウレリオが40m付近中央からフリーキック→アルムニアがはじく→ボールがカイトにこぼれ決められる

【感想】
アルシャビンはホントにシュートが上手い。アンフィールドでこんなに点決めた選手は今までいるんでしょうか?上位陣が軒並み勝ち点を落とす中で勝てたのは大きいです。



 アーセナルはビルドアップからシュートに持っていくのにかなり苦労してた。前半は特にそうだったけど試合を通して苦しかったと思う。点決めるには個人技かセットプレーしかないなと思う程。原因は縦パスの収まりどころがないから。同じ理由でポゼッションも安定しなかった。3トップの選手全員がDFを背負ってボール受けることを得意としていないからしょうがないけれど。しかもこの試合のリバプールはプレスが統一されていたし、個人個人のプレスのかけ方も上手かったから、縦パスを入れる方もきれいなパスを入れづらかった。そうなると受け手に対するDFからのプレッシャーが一層厳しいものになるし、しっかり収めるのはさらに難しくなる。
 こういう中で違いを作り出すべきはセスクなんだけど、やっぱりこの試合も不調。DFのギャップでボールを受ける回数も少ないし、受けても違いを作り出すパスが出せていなかった(というか高い位置以外のパスに積極性とか攻撃的なものを感じない)。
 アルシャビンの動きと縦パスの質が相当シンクロしないと強豪のDF相手にアルシャビンがボールを収めて展開するのは厳しそう。今の4-3-3の要はCFがボールをいかに引き出せるか。そこは戦術とかそういう問題じゃくてCFの能力やフィジカル次第ってことになる。ファンペルシは相当よくやってた。ペルシ離脱してからエドゥアルド、ベラとCFをやらせたけどなかなか収めることができないし、収まっても展開が下手だったりして試合内容も結果もよくなかった。その二人が期待はずれだったから、本職じゃないアルシャビンが頑張ってるというのが現状。アルシャビンもストークくらいのレベルなら結構こなせてるけど、リバプールレベルになるとキツイ。今日の試合ではっきりわかった。ベントナーに期待するのか、冬に補強するのか。これから注目してみたいです。


 リバプールの方はベナユンが攻撃に絡む回数が少なくて、怖い攻撃はスピードに乗った中でトーレスとジェラードが絡んだ時。そのパターンからトーレスに決定的な場面あったけどミスしてくれて助かった。リバプールは最終ラインからじっくりビルドアップするようなプレーより距離があっても速い縦パスを入れて収まったら展開するか、大きなサイドチェンジからスペースを作ってそこを基点に攻撃するパターンが多かった。アーセナルとは対照的な攻撃の作り方。
 あと両チームに言えたことだけどサイドバックのオーバーラップか少なかった。それだけ堅い試合だったってことだし、タメを作る暇がない試合だったってことを表してると思う。

 
あとは両チームの交代策も勝敗を分けた要因だと思う。
 アーセナルは機能してなったウォルコットに代えてフィジカルがあってキープ力がありウォルコットよりは守備のできるディアビを入れたのはかなり効果的だった。
 逆にリバプールはベナユン下げてジェラードを左を回したけど、采配ミスだったと思う。ジェラードはトーレスの近くでプレーさせた方が怖かった。ミドルもなくなるし。アクイラーニ投入は怖くなかったけどそれはマスチェでも同じだったかも。リエラは怪我だったんでしょうか?


では個人評

・アルムニア
まずキックが酷い。ダイレクトで蹴り返す時にライン割るのやめてくれ。さらにディアビが入ってきてから、やっと蹴りどころができたと思ったらアルシャビンに蹴ったりするし。アルシャビン狙って蹴ってるなら判断ミスだし、ディアビ狙ったのがアルシャビンにいってるならキック精度が悪すぎる。
さらに、失点シーンは完全にアルムニアのミス。ゴール空けて飛び出したら、絶対に大きくはじくかキャッチしないといけない。失点シーン以外も空中戦心配なシーンがあった。あと今日の試合で思ったのはアルムニア身体能力ない?ってこと、空中でキャッチが最高到達点じゃない時が多々あるし、余裕もってキャッチできそうなボールを取ったあと地面に転がったりするし。ファビアンスキいいなら使ってみて欲しいかも。これ以上キーパーのミスから失点はダメ。しかも1点を争うビッグゲームだし。

・デニウソン
概ねよかった。90分プレスをさぼらないのがまずすばらしい。あとはこぼれ球や相手のクリアから跳ね返ってくるボールに対する反応が速い。ポジション取りもいいしボールをよく拾えてる。この試合は拾ったあとのつなぎも無難にこなしてた。悪い点は1対1で簡単にかわされるシーンがあること。デニウソンの位置でかわされると一気に相手はドリブルで加速できるし、チームの守備が一気に危なくなる。ここ直して攻撃にもうちょっと絡んでいけるように頑張って欲しい。成長の跡がうかがえた。

・セスク
まじで不調です。
というか今日思ったのは不調なのはファンペルシ居なくなってからじゃないかってこと。セスクがいい時は飛び出しがあるけど、飛び出すためには収まりどころが必要。今はファンペルシという収まりどころがないからセスクの飛び出す回数も減る。アルシャビンはある程度収まるけど安定感がない。セスクはそこまで信頼して飛び出せないのかもしれない。セスクは一人で違いを作り出す選手ではないので ≪ファンペルシ離脱→チーム全体が機能しにくい→それにつられてセスクが不調に見える≫ なのかも。不調じゃなくて不調に見えるってことかなと。
いや、でもビルドアップとかパスの狙いどころとかキープの仕方とか一瞬のキレとかミドル打たないところとかあるから、単純な不調にも思えるし・・・
とにかくもう少しできるはず。

・ウォルコット
DF背負ってボール受けるのが下手すぎる。しかもキレーに奪われるから相手のカウンターに直結してしまう。まず背負ってボール受けて展開できるようにならないとこういう守備が厳しい試合で戦力になれない。チーム全体でウォルコット生かそうとすると、右にウォルコット開かしといて左でゲーム作るってしないといけなくなる。そこまでウォルコットにできないし、すべきじゃない。ウォルコットの方がプレーの幅を広げなければいけない。スピードだけじゃ生きてけないよ。

・ソング
よかったと思う。フィジカル生かした守備はやっぱ効いてる。どっしり真ん中に構えてるのもよかった。サイドから中に切れ込んでくる相手のコースふさぐのも上手かった。ビルドアップで相手に奪われそうになって心配なシーンが結構あったから気をつけて欲しい。あと最近自信つけてパス回しに参加するのはいいんだけど簡単にはたく時はもっと早めにボールを離していい。セスクとかのがパスセンスはあるんだし。セスクにもっと早く出しとけば攻撃チャンスなのにってシーンもあったし。

・ナスリ
なんかやりにくそうにプレーしてる感じ。4-3-3の割食ってる選手じゃないだろうか?ワンツーやドリブルを使って外から中に入ってきてシュートやらパスを出すとナスリらしくなってくると思う。やっぱナスリも生きるには収まりどころが欲しい。今は逆にナスリが最前線で収めなきゃいけないのはキツイ。現状だと引いてきてセスクとのコンビで崩すとかそういう工夫した方がいいかも。

・アルシャビン
得点はホントにすばらしい!この人はホントにシュートがうまい!
CFで使われてから求められてるポストプレーだけど、この試合は上で書いたようにきつかった。キツイからダイレクトで展開しようといたり色々工夫は見えたけど、きちんと足元収まる回数自体はホントに少なかった。ポストプレーが安定してない。パスが出てみないとわからないって感じ。けど収まったら確実にチャンスになってた。収めてからのパスが上手い。セスクの位置とかよく見えてる。この試合はチェイスも頑張ってたし。文句なくMOMでしょう。


















ホントにこの勝利はうれしい!
リバポにとってのアルシャビンはアーセナルにとってのドログバですね~

ただ代償もありました。。。
トラオレ、アルシャビンは大丈夫でしょうか?特にアルシャビンはマジで代えが効きません。軽傷であることを祈ります。年末年始試合多いですし。
これでまだまだ優勝狙えます。

けが人早く帰ってこい!!!

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事へのトラックバックURL
http://footballxfootball.blog48.fc2.com/tb.php/13-d6b4bf5f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。