FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
2010.01.25

「いいボール投げますね~」ってサッカー見て言う言葉じゃない

2010年1月24日 Kickoff‐13:30
FA杯4回戦 AWAYストーク戦@ブリタニア
Lose  4回戦敗退

【スコア】
3-1

【得点】
・ストーク
2分フラー(デラップ)、78分フラー(シディベ)、86分ホワイトヘッド(エザリントン)

・アーセナル
42分デニウソン(セスク)

【スタメン】
ファビアンスキ
コクラン
キャンベル
シルベストル
トラオレ
イーストモンド
デニウソン
セスク
ウォルコット
JET
ベラ

【交代】
68分ウォルコット→アルシャビン
68分JET→エドゥ
68分コクラン→ラムジー

【ベンチ】
マノーネ
バートリー
フリンポン
ロシツキ

【得点シーン】
FKのボールをセスクが横に流しデニウソンのシュート

【失点シーン】
・1点目:右サイドからデラップのロングスロー→ダイレクトでフラーにヘッドを決められる
・2点目:左サイドからカウンターの受ける場面、デニウソンがシディベにマークにいくが追いつけずクロスを上げられる→フラーにドンピシャで合わされる
・3点目:奪ったボールを奪い返され、エザリントンに左サイドを突破される→エザリントンはキャンベルが来る前にクロス→ホワイトヘッドが合わせる

【感想】
典型的負け試合です。まさにプレミアのアウェイゲームという感じでした。



前半開始早々に一番警戒しなければならない、デラップのロングスローから失点してしまう。GK含めデラップのスローがどれくらいの速さで、どれくらい伸びるか把握しきれてなかった感じ。特にGKとキャンベルは見誤ってたと思う。
ただでさえ浮足立つ若手がこの失点で余計に焦りを生むことになってしまった。ピッチ状態がよくなかったのも悪影響。
開始直後に失点して、直後はミスばかりで攻めがどうとかいうレベルじゃなかった。
けど、前半始まって半分くらいで徐々に攻撃の形は見せようとしてた。セスク、JETあたりにボールが収まった時はシュートまで行くような攻撃ができてた。そこはプラス。
ただデニウソン、コクラン、シルベストルがビルドアップの時にミスをしすぎ。ミスが間に入るからパス回しにリズムが生まれてなかった。
アーセナルの攻撃は相当ひどかったけど、ストーク側が引いて守るからそこに救われてたと思う。それでもラストパスの段階やその一歩前でウォルコットが全く貢献できてなかったんで、相当きつかった。
そんな中でも、セットプレーから点を返せたのはよかったけど。

ストークの攻撃は基本ロングボールから。そこを起点にスローインやCKをとれればいいという感じ。エザリントンが持った時だけはつないで攻撃する意思が見えた。この試合のアーセナルには効果大だった。


後半はストークが守り方を変えてきた。しっかり2ライン作って、プレスをかけながら縦パスを狙う守備に切り替わってた。しかも、スペース埋めるディフェンスから取りにくるディフェンスになってた。おそらくハーフタイムに支持があったんだと思う。前半以上に攻めが上手くいかなくなった。ウォルコットはビルドアップに貢献できなすぎるし、デニウソン、コクランは縦パスを急ぎすぎてた。パス回しが全部後手後手のグダグダ。スピード感がまるでない。

この試合はみんな出来が悪すぎた。運動量もないし。ルーズボール、ボールキープ、1対1でフィジカル負けが多かったのも痛い。
代わって入った3人も流れを変えることができなかった。
スペースが少なかったし、そもそもチーム全体で連動がなかったから、誰が出てても変わらなかった。さらに攻め終わりのクリアやパスを奪って押し込む展開も少なかった。波状攻撃ができなければ展開が違ったかもしれないがけど・・・・。
攻撃が停滞してたから結局終盤に失点・・・。アウェイってのもきつかった。
頼みのセットプレーもキッカーと中の動きがあってないし、勝つ気あんのか?って思った。
交代の3人だけど、JETを残して欲しかった。前3人の中では一番貢献してた。普通にベラ交代でよかった。

負けて当然の試合をしたと思う。






個人評
ファビアンスキ
酷い。キックもどこを狙って蹴ってるかわからないし、空中戦も超不安定。GKがこの出来だとチーム全体に悪影響になる。アルムニアもよくないがファビアンスキはもっとよくないことがわかった。

コクラン
焦りすぎだろう。序盤はパスミスが何本か連続してたし、そのあとのプレーも基本的には焦り見えた。縦に急ぐべき時と、つなぎ直す時の判断が非常に悪かった。テクニックはありそうだしアグレッシブだけど、判断が全然ダメ。周りも見えてない。ウォルコットが前だったのもつらかったか。中盤との連携も取れてない。
本来の中盤で見てみたいかな。

キャンベル
概ね出来はよかった。空中戦は相変わらず強いし、キャンベルが跳ね返せてなかったらもっと苦しい試合になってたと思う。
ただスタミナがない。後半残り20分、CK取っても上がるのめっちゃ遅かったし、動きものろくなってた。
最終ラインのパス回しの時もパスコース広げるために下がってもらう作業をさぼってた。攻撃が停滞した原因。
スタミナがあるうちはいいプレーしてたんでホームで勝ちゲームに持ち込めるような試合なら使えるかも。

シルベストル
狙い澄ましてパスミスするのやめて。


トラオレ
何とかしようと攻撃参加を積極的にしてたのはよかった。守備はスローインにしないように守るのが大変そうだった。ベラとの連携がどうもよくなかったのが残念。

デニウソン
本来このメンバー構成ならチームをひっぱるべき選手が逆にチームの足を引っ張てた。縦パスの精度もよくないし、こぼれ球を拾う回数もすくなかった。フィジカルの強い相手に弱すぎるだろ。
2失点目のクロス上げられたシーンはホントにがっかりした。あそこは意地でもクロスあげられたらいけない。スライディングぐらいして欲しいかった。

セスク
セスク一人だと厳しい。前向いてボール持っても出すところがない。預け所がないから、飛び出しもできない。せめてロシツキが入れば違ったけど・・・。

JET
前半はよくやってた。遠目、風貌的にはアデバって感じか?
さがってきて縦パスをよく収めてたし、その後のパスもよかったしJETから攻撃がつながってた。ただまだ若い。単純なミスが多い。
ヘディング得意ならクロスをもっと要求してよかったと思う。
後半は消えてたけど、ベラ、ウォルコットよりは置いとく価値があったんじゃ?

ベラ
よくない。縦パスやサイドに回ってきたパスを受けてもそこから展開を広げることがほとんどできてない。ロシツキのように中に切れ込んでいったどうだろうか?そうすれば縦への突破も生きるし、サイドバックの上がるスペースもできる。

ウォルコット
実力を考えれば、この試合のワーストプレーヤー。
動きが少なすぎる。サイドに張り付き過ぎだし、上下動も少ない。右サイドから内側にいい走り込みしたのは前半の一回だけ。
たまにパス回しに入ってきても足元が下手でフィジカルもないから収まりが悪いし、収まっても取られそうな不安感がある。おまけにフィニッシュ近くのプレーの精度も低い。
このまま低調ならいかに貴重なイングランド人と言えども・・・。
















この試合でよかったのはサニャ、ギャラ、フェル、ロシに休養を与えること出来たことだけです。
ホントに低調な試合でした。
引き分けなかったのはよかったけど、FAが消えたから控え選手を使う場がなくなる。
このひどい負けを鬼の3週間に引きずらないことを願います。

あと疑問なんですが、スローインってアシスト付くんでしょうか?
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事へのトラックバックURL
http://footballxfootball.blog48.fc2.com/tb.php/4-975e38a9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。