FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
2010.02.08

負けるならベストを尽くして負けたい

2010年2月7日16:00Kickoff
PL第25節 AWAYチェルシー戦@スタンフォードブリッジ
Lose......
15勝4分6敗 勝ち点49 確定3位
主審:マイクディーン

【スコア】
2-0

【得点】
8分ドログバ(テリー)、23分ドログバ(ランパード)

【スタメン】
・アーセナル
GK:アルムニア
DF:サニャ、ギャラス、フェルマーレン、クリシ
MF:セスク(黄)、ソング(黄)、ディアビ
FW:ウォルコット、アルシャビン、ナスリ

・チェルシー
GK:チェフ
DF:イバノビッチ、カルバーリョ、テリー、アシュリーコール
MF:バラック、ミケル、ランパード
FW:アネルカ、ドログバ、マルダ

【交代】
・アーセナル
64分ウォルコット→ベントナー
74分ディアビ→ロシツキ
74分サニャ→エブエ

・チェルシー
81分バラック→ジルコフ(黄)
87分アネルカ→ジョーコール(黄)
90分ドログバ→カルー

【ベンチ】
・アーセナル
ファビアンスキ
キャンベル
ラムジー
デニウソン

・チェルシー
イラーリオ
フェレイラ
アレックス
デコ


【失点シーン】
・1点目:マルダの左CK→テリーがシュート→枠は外れていたがドログバが反応してシュート
・2点目:カウンターからランパードにボールを運ばれる→アネルカは右に開いたドログバにパス→ドログバはキックフェイントでDFをかわしてシュート


【感想】
ドログバのアーセナルに対する強さは何なんでしょうか?
完全に力不足での負けというしかないですね・・・。完敗というべきでしょう。
やっぱファンペルシ不在を嘆きたくなります・・・。

【レビュー】

前半は右サイドのウォルコットからの組み立てが死んでいて、左側から攻撃を作ることが多かった。ナスリのサイドも最後の崩しでは違いは作り出せてはいなかったけど、引いてボールを受けて逆サイドに展開するという最低限の貢献は出来てた。
アーセナルがシュートまでいけるようなチャンスを作ってたのは、やっぱセスクが前向いてボールを持てたタイミングで周りの動きがそれと連動した時。
他にはセスク、ナスリ、アルシャビンがチェルシーのMFとDFの間でもらって前を向けた時は可能性は感じた。
ただその後にいいパスが入らなかったし、確実な決定機を作って点をとるには1対1で抜くとかスルーパスを通すとかそういうプレーが必要だったけど、前半にあったのはセスク→アルシャビンのフライスルーぐらいだった。
止まった状態(スピードにあまり乗っていない状態)からDF抜き切らずに打つシュートに対してはチェルシーのDF陣とチェフは強かった。

ウォルコット自身の出来はひどかったけど、やっぱスピードがあることがアシュリーに認識されてるからテリーとコールの間が空くことが多かったと思ったので、セスクシャビンはもう少しそこを狙って欲しかった。特にシャビンはCFの時も左に流れる傾向があるから狙ってなかったと思う。勿体なかった。

チェルシーの攻撃自体は試合を通してそこまで怖くなかったけど、アーセナルのライン設定が高かったから一発で抜け出される可能性があったのでドキッとするオフサイドが多かった。あとはやっぱセットプレーが怖い。
ドログバはゴール前では怖いし決定力あるけど、引いてきたときのポストプレーの確実性はそこまで高くないのでボールロストが多いのは欠点だと思う。個人的にはルーニーのがいい選手だとも思うし。怖いは怖いけど。

後半も崩しの直前までは行くことができてた。ここはディアビの中盤でのキープ力、ソングの安定が大きかった。サニャ、フェルもいつも通りのビルドアップへの貢献できてたし。
しかし、ホントに崩しの場面でいい形ができない。ヴィラ、ユナイテッド、チェルシーと守備の堅いチーム相手にシャビンのCFとナスリの左WGの限界が見えた感じがした。起点となるポストプレーヤーの不在が一番大きいか。
それがなくても連動すれば崩せるはずなんだけど、ナスリはいまいちシャビンセスクと合ってないのが残念。ディアビも連動して崩すプレーを期待したかったけど、復帰したてで運動量が少なめだったし後ろでのボールの制し合いにプレーを割かれてたから厳しかった。その分ナスリに期待したかったけど。

交代枠を使ってロシツキ、エブエが入ってからは崩す可能性は増したと思う。両者ともボールを前に運べるし、相手を抜けるのでチェルシーの組織の綻びが作れてた。チェルシーは一人かわされても最後のところで全員が粘れるから点までいかなかったけど。チェフの好セーブもあったし。
ロシツキエブエが入っても変わんなかった部分はやっぱり連動して崩すというアーセナルの根幹のところ。攻撃陣がどうやって崩すかイメージが共有されてない感じがする。そこが一番問題かも。だからパスとかアイデアが微妙にずれてくるし、動き直しが出てこないのかも。
交代つかっていい感じの時に攻め返されたのも痛かった。チェルシーはそういうところも上手い。

あと、感じたのは取られた後の守備の悪さ。ボールに一発でいきすぎてる。それだと簡単にかわされるし数的不利のカウンターを受けやすくなる。改善が必要。


◆攻撃に関しての課題
①崩しの局面(アタッキングサード)
動き直しが少なすぎる。一個目の狙いが消えてしまった時に次がない。前線の選手の足が止まってたらボールを受けることは出来ない。フィジカルで負けてるならなおさら。
切り込むドリブルと動きとしては斜めへ横切るようなの走り込みが必要だと思う。

②確実な決定機を作ろうとしすぎてた
崩しは崩しでもミドルの打つための崩しもあってよかったと思う。ミドルのシュートコースをあけるようなパス回しも混ぜたらよかった。外にパスを出させられることが多かったのでそういうパスも必要だったと思う。中央を相手DFに意識させるような感じで。

③クロス
入れる方も、受ける方も狙いがはっきりしてない。背で勝てないならGKとDFの間とか、ニアのCBの鼻先とかチームとしてクロスに対して入り方のコンセプトが必要だと思う。
根本としてクロス精度の問題もあるけど、まずはチームとしての約束事が必要。

④セットプレー
もう少し丁寧に蹴ってくれよと。GKに直接キャッチされるのも多いし。とにかくもう少し大事に。

⑤ポストプレーヤー、シューターの不在
今のスタメンの攻撃陣はパスの出し手が多すぎる。受け手が少ない。
要はパサーばっかり。ボールを受ける選手と何が何でもシュート打てる選手が欲しい。

◆失点に関して
1失点目はしょうがないけど強いていうならテリーのところは体をぶつけるくらいに競るぐらいはやるべき。
2失点目はディアビの危機察知能力のなさとクリシの戻りながらの守備の不味さが出た。
ディアビの戻りが遅いのは確かに悪いけど、あの場面だったら4バックだけで守ってほしかった。
クリシは外に開いたドログバを見るべきだったしその後の対応も切り返しにつられ過ぎ。


最後にベンゲル。
シャビンはやっぱ左で使うべき。ベントナー自身の出来が悪くてもシャビンを左に置くためだけの存在でもいいからスタメンで使って欲しい。

ただ試合前CFにシャビンは考えられなくもない選択肢だった。
しかし、ウォルコットが通用しないのはわかってたはず。なぜロシツキでなくウォルコットを使ったのか。理解できない。ベストのスタメンで戦って負けるなら納得できる。
ロシツキをスタメンで使わないのは絶対ベストを尽くしたとは言えない


【個人評】
・アルムニア
キック下手。これはもう治らんかも。

・サニャ
クロスはひどいけど、入れるところがないのも事実。ファーじゃなくてニアに入れられるような戦術をチーム全体でやることが必要。とくにCFがシャビンならクロスじゃなくてさらにそこからパスで崩していくイメージも必要。ウォルコットが前だったけどよくやってたと思う。

・フェルマーレン
すばらしい。対人守備もいいし、空中戦もドログバに対してよくやってた。ビルドアップの縦パスもいい。
失点シーンはクリシが前にいたから切り返しを読めたのでは?と要求するのは厳しすぎか・・・。

・クリシ
ウォルコットに次ぐ出来の悪さ。
失点してるとプレーのすべてが焦ってる感じがする。クロスもよくないしWGとの連携もよくない。失点にも絡んでるし。落ち着きが必要な選手。インターセプトも最近ないしな~。

・ソング
頑張ってたし完全に安定してビルドアップに加われるようになった。セスクの動きを見逃すことも減ってきたし、成長してると思う。ただし変わらずボールに釣られる守備はよくない。真ん中を埋める意識と数合わせで守る意識を徹底してほしい。

・ディアビ
中盤でのボールの制し合いによく勝ってたし相手の高い位置からのプレスをかいくぐって前線につなげてたのはよかった。キープも効いてたからポゼッションの安定に貢献してた。もう少し運動量を増やして攻撃に参加できるようになったら停滞した攻撃を変えられるかも。

・セスク
ビハインドの試合で後半の最後の方になるにつれてパフォーマンスが落ちるのはよくない。
それまでのプレーは悪くないだけにそこが残念。攻撃の時は近くにロシツキがやっぱ欲しい。

・ウォルコット
アシュリーコールに完敗。狭い局面や敵のプレッシャーを受けた中でボールを扱うテクニックが根本的に足りない。だから背負ってボールを受けることもほとんでできない。完全にチームの足を引っ張っていた。使うなら最低でも途中からじゃないと無理。とりあえず運動量を増やし、右サイドに張り続けるのはやめるべき。

・アルシャビン
前半のセスクの浮き球スルーパスは決めて欲しかった。
他の結構あった崩しの場面でのプレーはもう少し、プレーの精度が要求される。ペナ内でドリブル仕掛けるところはさすがに期待値が高い。
左でプレーさせたい。

・ナスリ
ボールを取られはしないんだけど、それ以上のプレーがない。流れを作るようなプレーもないし。
シャビン、セスクと短いワンツーとかで崩せるようになればいいんだけど。やはり右サイドのがやりやすそう。右サイドから中に切れ込むドリブルとかすればいいと思う。パスも出しやすくなるだろうし。
一個あったシュートチャンスは打ってくれ。

・ベントナー
シャビンを左に置けるという意味で出た価値はあった。プレーは完全に空回りだけど、フィジカルがあるのはそれだけでウォルコットよりは可能性があるし、チームに貢献できる要素ではある。ロングキックとかは競り負ける時もあるけど、相手が跳ね返す距離も縮むし。コンディションが上向くことを期待。

・ロシツキ
スタメンで使っていただきたい。
居ると攻撃の迫力が全然違うし、チームのパスの流れスムーズになる。ミドルもあるし。
まずドリブルで抜ける。組織を崩すのに一番効果的なのは1対1で抜くことだし。

・エブエ
やっぱ推進力ある。2回ほど見せ場を作った。こういう展開でエブエをSBに投入できるのはチームとしてデカイ。
















これで優勝争いから一歩後退です。下も気になるところですね。
下位との試合をとりこぼさずにいければ優勝の可能性は残ります。あきらめずに勝ち続けて欲しい。
次のリバプールはここで叩いてまずは3位を固めていきたいところです。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事へのトラックバックURL
http://footballxfootball.blog48.fc2.com/tb.php/49-3416b3fd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
更新お疲れさまですm(_ _)m

残念な結果になってしまいましたね。。
攻撃と守備の両方で反省すべき所があると思いますが、まずスタメンにロシツキが入っていないのには驚きでしたし、理解できなかったです><

もちろんウォルコットが良いパフォーマンスを見せてくれれば、何も言うことはないんですが、孤立して全く機能していなかったので、余計にがっかりしました。

あと、ベントナーはコンディションの問題でスタメンから外れていますが、彼はスタメンで起用すべきだと思いますね(・±・)アルシャビンのポストプレーには限界がありますし、CFにボールを預けることができないと、なかなか中央から崩すことは難しいと思います。

またここから出直しですね><まずはリヴァプール戦での勝利を期待したいと思います!
Posted by tomas at 2010.02.08 10:28 | 編集
> ロシツキが出てきてキレのいいプレーを見せてただけに、余計にスタメンで使って欲しいと思ってしまいましたね。。
>
> ウォルコットはエブラ、アシュリーコールクラスのスピード系DFにはしばらく通用しないでしょう。狙われていた感じさえありました。
> 起用法としてはやっぱジョーカー的に後半の途中から使うのが一番いいと思います。
>
> ベントナーは最初のFK取ったシーン以外は空回り感が強くて活躍できてたとは言い難いですが、真ん中に構えてボールを引き出せるようになれば、パスの基準ができますし、周りも動きやすくなると思います。アルシャビンをWGで使うのも含め、ベントナーのスタメンは必要ですよね。
>
> 9ポイント差はあきらめる数字じゃないですし下を見て3位を死守するより、優勝を目指して戦って結果的に3位になる方がいいです。
> リバプール戦は勝利+内容も期待したいですね。
Posted by n.k at 2010.02.08 14:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。